<< お誕生会 | main |

翼ある人びと

昨日、27日
宝塚歌劇 宙組東京特別公演
「翼ある人びと ーブラームスとクララ・シューマンー」
14時の回を観てきました♪


青年館大ホール前のポスター

主人公は若き日のヨハネス・ブラームス、
そして、
彼の才能を見出したロベルト・シューマン、
その妻でピアニストの、クララ・シューマン、
この3人の出会いから別れまでが描かれてます
切ないほどの愛、そんな舞台。

主な出演
ヨハネス・・・朝夏 まなと さん
ロベルト・・・緒月 遠麻 さん
クララ・・・・伶美 うらら さん

まだ上演中なので、詳しくは歌劇団のページを
 宝塚歌劇団公式HP「翼あるひとびと」

ある宙組の生徒さんと、とあるご縁ができました。

その生徒さんは娘役さんなのですが
今回はシューマンの次男役がメインびっくり

でも、こういう人数の少ない公演の場合
下級生は何役もこなします。

メインは子役なのですが
他に、淑女、娼婦などもDocomo109

そのため、早替わりが多くて大変なのだとか

そしてその生徒さんの「出番表」なる物を頂きまして
前もってめちゃくちゃ予習しましたよ。

どの場面でどのお衣裳でどのあたりに居てどこへはける
といった詳細を詳しくイラスト入りで書いてあるのが出番表。

とても丁寧に書いてあったので
彼女を見失うことなく公演を楽しみましたニコッ


肝心の公演・・・。

いやぁ、切ないです。
ほんと、切なかった。
でも
たくさんの愛に溢れてもいました。

夫婦、師弟、友人、好敵手、そして憧れ
の愛ハート

交響曲第3番
秋のイメージに重ねて流れます
欧州の秋と日本の秋は違うと思いますが合ってたと。

日本語の歌詞がつくことで
クラシックの敷居も低くなってましたし
聞きなれたメロディが場面とマッチして・・・!

多くの方の感想で、演出が素晴らしい!とありました。


最後は、私の好物「皆生きてて幸せ」な終わり方ではないのですが
とても心に残る作品になりました

しっかし!
朝夏さん&遠月さん、宙組に組替えして大正解なのでは?



終演後は、トークショーがありました。
司会は、
 澄輝 さやと さん
参加したのは
 朝夏 まなと さん
 緒月 遠麻 さん
 伶美 うらら さん
 すみれ乃 麗 さん(ルイーゼ役)
 美月 悠 さん(ユリウス役)

澄輝 さんがめっちゃ緊張していて、幕前でカミカミ
幕が上がって席についたとたん
「あぁ・・・ダメだ・・・」
とつぶやいていたのが可愛かった(笑)




一緒に行った母が
天ぷらが食べたいとの事で渋谷で早めの夕ご飯




ではでは、
「りずちゃんに聞いてみました!」
のコーナー


ブラームスって色男だわぅ


なんかいい匂いがする...気がする...


ほほぅ「まぁ様」とな...


こ、こ、このお方は?

 

お目が高い!「ベートーベン?」様ですよ

 

「?」って何?

 

さぁ...?



ひっそりこっそり応援中わーい
 


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ にほんブログ村 犬ブログ 看板犬へ にほんブログ村 猫ブログ オッドアイへ ランキング参加してます。

0
    posted by: りずママ | [観劇・観賞 ]宝塚 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    ▲ Page Top

    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.mams-f.net/trackback/401